流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





大名古屋ビル/リニューアル第2期7月27日オープン、高島屋高級時計ゾーンも

2021年06月01日 16:40 / 店舗

三菱地所は7月27日、「大名古屋ビルヂング」の商業ゾーン「大名古屋ビルShops&Restaurants」のリニューアル第2期オープンする。

<タカシマヤ ウオッチメゾン>
タカシマヤ ウオッチメゾン

第2期オープンでは、1・2階(一部)に、ジェイアール東海高島屋が運営する日本最大級の高級時計ゾーン「ジェイアール名古屋タカシマヤ ウオッチメゾン」を7月27日10時に開業。第1期(4月28日)にオープンした地下1階「大名古屋マルシェ」において新規店舗(2店舗)を同時期に出店する。

「ジェイアール名古屋タカシマヤ ウオッチメゾン」は、約1200m2の売場面積に、ショップ21店、約90ブランドの取扱いを実現。売場面積は、従来売場の約2倍とした。

ジェイアール名古屋タカシマヤ初の館外出店となる。同店の時計売上は年々拡大傾向にあり、顧客からも時計売場充実の要望が多かったが、既存店舗では面積に限りがあり、売場拡大が実現できていなかった。

今回、初の館外出店として、グレード感が高く高級時計の展開にふさわしい大名古屋ビルヂングへ、時計売場を拡大移転するもの。

ショップとしてパネライ、ショパールの2店が新規出店。新規取扱いは約30ブランドになる。

ロレックス、カルティエ、オメガ、ジャガー・ルクルト、ブレゲなどの売場を大幅に拡大した。

常時展開ブランド以外の期間限定展開、各ブランドの新作発表を行うエリアを新設した。

ウォッチリペアコーナーでは、専門的な知識と高い技術力を持つ「時計修理技能士」が増員され、新設のゆったりとした接客スペースで、時計に関するあらゆるカウンセリングに対応する。

さらに、「大名古屋マルシェ」には、横浜で生まれの本格中華の惣菜店「華星」が東海初登場。中華点心などバリエーション豊かなメニューを、リーズナブルな価格でデイリーに楽しめる。

「偏りは、愛だ」をコンセプトに、低糖質・高たんぱく質のグルメボウル100種を提供する地元名古屋のグルメボウル専門店「モルノダ」が名駅初出店する。

■大名古屋ビルヂング
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12
敷地面積:9155.56m2
延床面積:14万7871.79m2
階数:地上34階 塔屋1階 地下4階
建物高さ:174.70m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
用途:事務所、店舗、地域冷暖房施設、駐車場、駐輪場など
沿革:2015年10月31日 建物竣工
2016年3月9日 地下1階~5階大名古屋ビル Shops&Restaurants開業
ホームページ https://dainagoyabuilding.com/

■ジェイアール名古屋タカシマヤ ウオッチメゾン
運営会社:ジェイアール東海高島屋
営業時 間:10時~21時
代表電話:052-566-1101(代)※ジェイアール名古屋タカシマヤ代表電話
出店場所:大名古屋ビルヂング商業ゾーン「大名古屋ビル Shops&Restaurants」1階・2階の一部
ショップ:全21店 ※2階〈ウォッチリペアコーナー〉除く
店舗面積:約1200m2
<導入ブランド>
導入ブランド

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧