メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

相鉄/星川駅~天王町駅間の高架下にスーパー、カフェ、食物販など出店

2021年10月11日店舗

関連キーワード:

相鉄アーバンクリエイツと相鉄ビルマネジメントは10月11日、相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業において、2018年11月の全線高架化により創出された高架下空間の開発計画に着手し、星川駅と天王町駅西側エリアを第1期開発区域として、2022年冬開業すると発表した。

<スーパー、カフェなど商業施設もオープン>
20211011sotetu1 728x546 - 相鉄/星川駅~天王町駅間の高架下にスーパー、カフェ、食物販など出店

同計画は、ウィズコロナ・アフターコロナなどの社会環境の変化を踏まえ、地域住民とクリエイティブな人材とのつながりによって新たなまちの魅力を創出し、まちの活力を高めることを目的とするもの。コンセプトは、『「社会・地域に働きかけ、変化を楽しむ人」がつながる 生きかたを、遊ぶまち』として、まちを成長させる拠点、より良いまちづくりのため、歩行者空間、広場、商業施設の計画を進める。

第1期開発区域となる星川駅部と天王町駅西側エリアの敷地面積は合計で約1万4000m2。星川駅部には、食物販店、スーパーマーケット、カフェなど暮らしを支える拠点がそろう。

<星川駅~天王町駅間の高架下空間を開発>
20211011sotetu2 728x410 - 相鉄/星川駅~天王町駅間の高架下にスーパー、カフェ、食物販など出店

天王町駅西側エリアでは、YADOKARI、オンデザインパートナーズと連携し、コミュニティビルダーや「変化を楽しむ人」が生活を営みながら活動し、地域の交流イベントを開催するなど、まちに変化を与え、新しい生き方を提案する場を創出する。

相鉄アーバンクリエイツ、相鉄ビルマネジメント、相模鉄道、横浜市保土ケ谷区では、「利便性が高く魅力あふれるまちづくり」のため、2020年12月に「星川駅周辺等の魅力づくり基本協定書」を締結。地域資源の掘り起こしや地域課題の検証などで連携を深めており、今後も地域住民が親しみを持てる事業を展開していく。

■相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業の概要
事業名称:相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業
事業主体:横浜市
施行主体:相模鉄道
事業区間:約1.9km
事業経緯:都市計画決定 2002年6月5日
都市計画事業認可 2002年9月13日
下り線高架化 2017年3月5日
上り線高架化 2018年11月24日
事業完了 2021年度(予定)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方