流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





小田急/ベーカリー「HOKUO」営業終了、一部店舗をドンクに譲渡

2021年12月21日 15:10 / 店舗

ベーカリー「HOKUO」を運営する小田急グループの北欧トーキョーは12月21日、小田急沿線に出店する店舗のうち10店舗についてドンクに事業譲渡すると発表した。

同日、小田急電鉄は、ドンクとの間で、飲食関連事業における連携に向けた「業務提携に関する基本協定書」を締結した。今後、両社で、飲食関連事業や商業施設内の店舗開発などに取り組む。

北欧トーキョーは、小田急電鉄の完全子会社として、東京・神奈川を中心に「HOKUO」39店舗を展開し、1998年の創業以来、手作りによる創作パンを提供してきた。

しかし、事業環境が大きく変化していることを踏まえた結果、小田急沿線に出店する店舗のうち10店舗を、2022年3月15日に、ドンクへ事業譲渡。事業譲渡の対象となる10店舗については、3月下旬以降、順次、ドンクとして営業を開始する。

さらに、これに先立ち、北欧トーキョーの全店舗は2月28日をもって営業を終了する。

■北欧トーキョーにおけるドンクへの一部事業譲渡の対象店舗
OX経堂店、千歳船橋店、祖師ヶ谷大蔵店、新百合ヶ丘店、相模大野店、海老名店、本厚木ミロード店、伊勢原店、中央林間店、湘南台店の計10店舗

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧