メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日比谷公園/都心最大級延床約110万m2「TOKYO CROSS PARK構想」発表

2022年03月24日店舗

関連キーワード:

東京都千代田区の「内幸町一丁目街区」の開発を推進する事業者10社は3月24日、街区の事業構想である「TOKYO CROSS PARK構想」と構想に基づき掲げる5つのテーマを発表した。

事業者は、NTTアーバンソリューションズ、公共建物、第一生命保険、中央日本土地建物、帝国ホテル、東京センチュリー、東京電力ホールディングス、日本電信電話(NTT)、東日本電信電話、三井不動産で構成する。

<内幸町一丁目街区完成イメージ>
内幸町一丁目街区完成イメージ

内幸町一丁目街区の総延床面積は都心最大級の約110万m2で、約16haの日比谷公園とつながる道路上空公園や周辺の駅や都心主要拠点につながる地下・地上結節空間等を整備し、駅・まち・公園一体の歩行者ネットワークを形成する。

北地区・中地区・南地区の3つの地区で構成し、地区間が連携して一体的な街づくりを推進する。北地区には帝国ホテル新本館、オフィスや商業施設、サービスアパートメント、賃貸住宅等を備えたノースタワーを整備する。中地区にはオフィスやホテル、ホール、宴会場、産業支援施設等を備えたセントラルタワー、南地区にはオフィスやホテル、ウェルネス促進施設等からなるサウスタワーをそれぞれ整備する。

北地区は帝国ホテル、三井不動産が事業者となり、オフィス、商業、サービスアパートメント、賃貸住宅等で構成する地下4階、地上46階の複合施設を、2024年度に工事を開始し2030年度に完成させる予定だ。また、ホテル、宴会場等で構成する地下4階、地上29階の複合施設を2031年度に工事開始し、2036年度に完成させる計画だ。

中地区は、NTT都市開発、公共建物、東京電力パワーグリッド、三井不動産が事業者となり、オフィス、商業、ホテル、ホール、宴会場、産業支援施設等で構成する地下6階、地上46階の複合施設を、2022年度に工事開始し、2029年度に完成させる予定だ。

南地区は、第一生命保険、中央日本土地建物、東京センチュリー、東京電力パワーグリッドが事業者となり、オフィス、商業、ホテル、ウエルネス促進施設等で構成する地下5階、地上43階の複合施設を、2022年度に工事開始し、2028年度に完成させる計画だ。

<計画概要>
計画概要

TOKYO CROSS PARK構想では、「日比谷公園と街をつなぐ」「都心主要施設から多様な人が集まり、交わる結節点」「事業者10社の共創」の3つのCROSSを掲げた。

まず、隣接する日比谷公園と内幸町一丁目街区を道路上空公園でつなぎ、日比谷・内幸町エリアの回遊性を高める。周囲に開かれ、公園と一体となった緑と水の豊かな空間に人々が集まり、安心・安全に心地よい時間を楽しむことができる、ウォーカブルな街づくりを行う。

次に、大手町・丸の内・有楽町・銀座・霞が関・新橋といったさまざまな特性をもつ都心主要拠点の結節点に位置する立地を活かし、働く、遊ぶ、憩う、滞在する等あらゆる目的を持つ人々が交流し、唯一無二の体験ができる街づくりを目指す。

さらに、この地に根差した事業者10社が共創し、街づくり、デジタル、おもてなし、well being、カーボンニュートラル・防災等それぞれの分野の強みをかけあわせて、新たな価値創造や社会課題解決を推進する、次世代スマートシティを実現する。

<街区全体イメージ>
街区全体イメージ

また、「人が主役の街づくり」「街づくり×デジタル」「おもてなしが広がり、人が集う街へ」「すべての人々のwell being」「持続可能な街・社会へ」の5つをテーマとして、それぞれのテーマに沿った施策を実施する。

街づくり構想記者発表会で、三井不動産の菰田正信社長は、「街の要素をオフィス、商業施設、ホテルといった施設ではなく、働く・遊ぶ・暮らすといった人の行動や提供するサービスでとらえる街づくり、人が主役の街づくりをする。すべての人を公園のように受け入れるパブリックスペースを設置するとともに、東京全域がよりウォーカブルになる起点を作る」と人が主役の街づくりを解説した。

NTTの澤田純社長は、「AIを活用した街のスマート化だけでは、人は幸せになれない。中心となるのは人だ。今回、サイバー空間上に都市機能を再現するデジタルツインに取り組む。デジタルツインを連鎖させて新たな体験や価値を創出する街づくりを行う」と街づくり×デジタルのテーマを説明した。

帝国ホテルの定保英弥社長は、「建築家の田根剛氏がデザインを手掛ける、帝国ホテルの新しい本館が開業するほか、中地区・セントラルタワーでは宿泊特化型スモールラグジュアリーホテルを展開する。南地区・サウスタワーには、well beingをテーマにしたホテルを計画している。それぞれの個性を持った3つのホテルが誕生する」と述べ、「おもてなしが広がり、人が集う街へ」のテーマを実現する開発計画を紹介した。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方