流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





マルエツ/東京都豊島区に「マルエツ プチ 上池袋二丁目店」

2023年01月19日 16:40 / 店舗

マルエツは1月26日、東京都豊島区に「マルエツ プチ 上池袋二丁目店」をオープンする。

<店舗イメージ>

顧客ニーズやマーケットの環境変化に対応した都市型小型店舗として誕生。年間売上高目標は4億2000万円で、「鮮度」「商品との出会い」「ストレスゼロ」「繋がり」といった4つの価値を提供するとともに、末永く利用してもらえる店舗を目指す。

<主な商品群>

青果では、使い切れる適量目商品をはじめ、トマトやバナナ、即食・簡便なカットサラダなどを多数品ぞろえするほか、季節の花束も販売する。精肉では、同社オリジナルの「優夢牛」「桜もち豚」「みちのく森林鶏」を小量目からラインアップ。鮮魚では、刺身や造り、生食商品を寿司売場で集合展開する。

生鮮の冷凍食品を強化し、国産の冷凍野菜やこだわりの冷凍果実、馬刺しなどの冷凍肉に、冷凍干物や加工魚、えんどう豆のたんぱく質を主原料とする「ビヨンド・ビーフ」を品ぞろえする。ほかにも、自由が丘の工房で素材の良さを引き出したアイスクリーム「HiO ICECREAM」などのスイーツも用意した。

日配食品では、低糖質パンや植物性ミルクなど、健康志向に対応。一般食品では、若年層に人気のグミを多数そろえ、米・無菌米飯コーナーも強化していく。

このほか、握りや巻物など、鮮度や味にこだわった「鮮魚鮨」を種類豊富に集め、専用窯を使用し、高温でふっくら焼き上げた「窯焼ピッツァ」をはじめ、天ぷら、フライや中華メニュー、厚切りの鮭を使用した弁当などを販売。ベーカリーでは、ホテルブレッドなどの食事用パンや昼食にも最適なパーカー各種、菓子パンを並べる。

<選りすぐりの食品も>

同社が自信を持って選び抜いた商品を「maruetsu365」として、食品から日用品まで各売場で展開する。こだわりの品質の商品は「黒」、お手頃な価格の商品は「緑」のPOPが目印になる。これに加え、おいしく食べながら必要な栄養素を摂ったり余分なモノを減らすことを提案するため、「もっとからだにイイコト!」アイコンを表示し、食物アレルギー対応商品もPOPで分かりやすく案内する。

■マルエツ プチ 上池袋二丁目店
オープン日時:1月26日9時
所在地:東京都豊島区上池袋2丁目15-17 1階
TEL:03-3917-7771
売場面積:294m2
建物構造:鉄筋コンクリート造/14階建
従業員数:16名(8時間換算)
年間売上高目標:4億2000万円
営業時間:9時~22時
取扱品目:青果、鮮魚、精肉、惣菜、ベーカリー、日配食品、一般食品、日用雑貨

■マルエツの関連記事
マルエツ/12月の総売上高359億円、既存店売上高1.8%増

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧