小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サトレストラン/労基法違反で社員5人が書類送検

サトレストランシステムズは9月29日、2015年1月から11月にかけて労働基準法違反の疑いがあったとして、社員5人が、同日付で大阪労働局により大阪地方検察庁に書類送検されたと発表した。

同社によると、「昨年12月に大阪労働局の指摘を受けて以降、外部専門家である弁護士の協力も得て内部調査委員会を立ち上げ、原因の調査を行ったうえで、労務管理体制の変更、営業時間の短縮等による業務の削減や見直し、人員体制の整備、サポート体制の充実に取り組むとともに、社員の意識改革を行っており、既に長時間労働の問題を解消してきたが、今後もこのような事態が二度と起きないよう、再発防止策を徹底する」という。

改めて今回の書類送検の事実を重く受け止め、お客や株主をはじめとする関係者の期待に沿うよう、労働時間管理を含めたコンプライアンス遵守について万全を期すべく全力で取り組み、より一層の業務に邁進するという。

労務環境整備などの再発防止策に関わる費用については、既に本年度の業績計画に含めているが、今期業績予想の修正が必要な場合には速やかに開示するという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧