小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン&アイ/そごう神戸店と西武高槻店をH2Oグループに10月譲渡

経営/2017年05月11日

セブン&アイ・ホールディングスは5月11日、そごう・西武のそごう神戸店と西武高槻店に関する事業をエイチ・ツー・オー リテイリング(以下:H2O)に譲渡することで基本合意した。

昨年10月6日に締結した資本業務提携に関する基本合意書を踏まえて協議を行い、対象事業をH2Oグループが承継することで両グループの店舗網や商品・サービス等を有効活用し、関西エリアのお客の利便性・利用満足度の向上を実現していくことが、両グループの企業価値の最大化につながっていくと判断した。

譲渡の対象事業は、そごう神戸店と西武高槻店に関する事業と不動産で、会社分割により、対象事業をH2Oグループに譲渡する。

8月に吸収分割契書を締結し、譲渡を10月1日に実施する予定。

なお、関西エリアにおける「戦略的なビジネスパートナー」として、H2O グループの推進するポイントプログラム「Sポイント」のセブン‐イレブン・ジャパン(以下:SEJ)の関西圏店舗への導入に向けた協議を進めている。現在は、両社ともにシステム開発に着手しており、2018年のサービス開始を目指している。

SEJ関西圏店舗における阪急阪神百貨店商品の留置きサービスも検討している。

さらに、両グループが保有する商品やサービス等を相互に提供しあうことで実現する商品供給やギフト商品の取扱い、相互サービスの実施から、物流などの中長期的な取り組み課題まで、幅広い分野において、関西エリアのお客にメリットのある新サービスの提供を目指して、両社間で協議を進めている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧