小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ワールド/リユースセレクトショップ「ラグタグ」を買収

ワールド子会社のワールドインベストメントネットワークは4月2日付で、ティンパンアレイの全株式を、新生クレアシオンパートナーズが管理・運営するティンパンアレイ投資事業有限責任組合から取得し、連結子会社化した。

<RAGTAGイメージ>
RAGTAG

ティンパンアレイは、1985年、東京・原宿竹下通りにブランド古着の買取・販売を行うユーズドセレクトショップ「RAGTAG(ラグタグ)」を開業。

現在は、渋谷、原宿、新宿、名古屋、大阪、神戸、福岡などに13店舗を、姉妹店として上質なアイテムを集めた「rt(アールティー)」を銀座、福岡で2店舗展開している。

また、1999年からスタートしたオンラインショップは、掲載点数が約24万点と業界トップの水準を誇っている。

リユースセレクトショップのパイオニアとして、高感度ファッションのリユースに不可欠な確かなバイヤーの鑑定力を軸に、サービスレベルの高い店舗運営、オンラインショップから実店舗への商品取り寄せサービスといったオムニチャネル化を推進している。

ワールドグループに、ティンパンアレイが子会社として加わることで、自社ブランド商材のリユース事業による補完だけでなく、シェアリングエコノミーとして若年層を中心に注目が高まる二次流通市場において、双方の経営資源を掛け合わせることで、同社のリユース事業の魅力と強みをより一層追求していく。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧