小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/PB「カフェオレ」カップ刷新、プラスチック年間70トン削減

経営/2020年03月16日

ローソンは3月17日、「カフェオレ」、「カフェオレグランデ」、「カフェオレエスプレッソ」のオリジナルカップ飲料3品をリニューアル発売する。

<カップに直接印刷する仕様に変更>
カップに直接印刷する仕様に変更

カップに直接印刷する仕様に変更することで、カップフィルムが不要となり、プラスチック使用量を1本あたり約1.5g減らした。これにより、年間約70トンのプラスチック削減が見込めるという。

従来のカップ飲料には、クリアカップのまわりに栄養表示、バーコードなどが印刷されたカップフィルムが貼られていた。

今回、クリアカップに直接印刷することにより、カップフィルムが不要となった。また、付属のストローを、一部に植物由来のバイオマスプラスチックを使用したものに切り替える。

ローソンではこれまでにも、2019年4月より実施した、オリジナルのカップ飲料でプラスチック製上蓋をなくす仕様に変更する取り組みにより年間約320トン、2019年5月より実施した、店内淹れたてコーヒー「MACHI cafe」のアイスコーヒーSサイズのカップを紙製に切り替える取り組みにより、年間約540トンのプラスチック使用量の削減を見込んでいる。

さらに、2019年11月より、ナチュラルローソン店舗にて紙製包材を使用した弁当を発売するなど、さまざまな容器包装プラスチック削減に取り組んでいる。

2030年には、2017年度対比で容器包装プラスチック使用量を30%削減、2050年には、オリジナル商品の容器包装プラスチックにおいて環境配慮型素材を100%使用する目標を設定している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧