メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/栃木で環境配慮型トラックの実証実験開始

2020年04月02日経営

セブン‐イレブン・ジャパンは4月1日、「FC小型トラック」の実証実験を栃木県内の一部エリアで開始すると発表した。

<FC小型トラック>
FC小型トラック

北関東エリアにおける配送業務を委託している丸伊運輸が、日本初の水素ステーション併設型配送センターである「チルド米飯佐野センター」を栃木県栃木市で稼働開始したことに合わせたもの。

<とちぎ水素ステーション>
とちぎ水素ステーション

2019年4月から、セブン‐イレブンは都内でトヨタ自動車が開発した「FC小型トラック」の実証実験を行っている。

同トラックは、トヨタ自動車「MIRAI」のFCユニットを搭載し、走行中にCO2などの環境負荷物質を排出しない。FCユニットで発電した電気は、動力のほかに冷蔵ユニットの電源で使用するという。

<ディスペンサー>
ディスペンサー

今回、実証実験エリアを拡大することで、都内とは異なる気象条件や道路条件で走行テストを行い、将来的な配送に伴うCO2の削減を目指す。

<チルド米飯佐野センター>
チルド米飯佐野センター

セブン&アイグループでは、社会ニーズの変化や環境問題など、様々な社会環境の変化に対応するため、環境宣言「GREEN CHALLENGE 2050」を2019年5月に定め、「豊かで持続可能な社会」の実現に向けて取り組んでいる。

■とちぎ水素ステーション、チルド米飯佐野センター
運営会社:丸伊運輸
所在地:栃木県栃木市藤岡町大和田字西新井1213-1
敷地面積:水素ステーション全体3328m2、チルド米飯共配センター全体約3万9000m2
水素供給:液化水素オフサイト供給
供給能力:燃料電池自動車:300Nm3/h(1時間あたりMIRAI5台の満充填が可能)
充填圧力:82MPa(メガパスカル)(約820気圧)
設備構成:液化水素貯槽、水素圧縮機、蓄圧機、ディスペンサーなど

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方