小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブンイレブン/「新型コロナウイルス対策本部」設置、営業継続支援

経営/2020年04月07日

セブン-イレブン・ジャパンは4月7日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため「新型コロナウイルス対策本部」を立ち上げたと発表した。

緊急事態宣言の発令を受け、4月8日から当面、感染リスクの低減、人命・安全を最優先に、各店舗の営業を可能な限り継続。社会におけるインフラ機能としての役割を果たすため、本部は政府、行政と連携し、店舗の営業継続に向けたバックアップ(商品の確保と安定的な供給、物流機能の確保など)を実施する。

店舗における感染拡大策として、従業員は出勤前に検温を実施。熱が37.5度以上あるときは出勤停止する。業務中はマスクを着用、手洗い、手指の消毒、うがいを励行する、店舗のこまめな消毒など取り組む。

本部機能の継続に向け、本部勤務の社員は、基本的に在宅勤務を実施。業務特性、重要度の観点に基づき、フランチャイズ本部としての機能を必要最小限に抑え、店舗営業に係る業務に集中する。

不要不急の打ち合わせ、会議は中止し、重要なものに限り、WEB会議ツールなどを活用し行う。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧