メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

オイシックス/「塚田農場」「串カツ田中」食材をEC販売

2020年04月09日経営

塚田農場をはじめとした居酒屋・飲食店を展開するエー・ピーカンパニーは4月15日、オイシックス・ラ・大地の協力で、臨時休業によりで消費できない鹿児島県産地鶏「黒さつま鶏」などをEC食品宅配サービス「Oisix」で販売すると発表した。

同社4月2日から各種店舗を一斉休業し、新型コロナウィルス感染拡大防止対策に取り組んでいる。契約農家に生産してもらっている地鶏をはじめとした同社食材の新たな供給方法を検討。ちょうど飲食店や生産者の窮状を知り、支援を検討していたオイシックス・ラ・大地と協力体制を構築した。

<「地鶏」「日向夏」をOisixで販売>
「地鶏」「日向夏」をOisixで販売

販売予定商品は、鹿児島県産地鶏「黒さつま鶏」しゃぶしゃぶセット、「黒さつま鶏」正肉、宮崎県産日向夏となっている。

開発から初出荷に至るまでじっくり時間をかけて作られた、 鹿児島県渾身の地鶏は、脂の乗りがよく、 ジューシーで心地よい弾力を持った肉質の鶏肉だという。

アルコール凍結機で急速冷凍しているため、 細胞の破壊を抑えて解凍時のドリップも少なくできる。

塚田農場では「日向夏サワー」などに使う日向夏は、りょうくんこと田中良一さんの生産する日向夏をほぼ全量買い取っている。年間20トン程度の消費をしているが、今年はまだ10トン以上を残したまま、店舗休業となっていた。

また、全国に276店舗を展開する「串カツ田中」も直営店116店舗を一定期間休業を発表。千葉県木更津市の体験型農場施設「KURKKU FIELDS」内の飲食店も一定期間の休業を実施しており、オイシックス・ラ・大地では、飲食店食材の販売支援として、随時、Oisixのウェブサイトにて商品を販売する。

今後、「串カツ田中」の自宅で楽しめる店舗でも人気の串カツ10本セット、「KURKKU FIELDS」の飲食店でも人気の畜産加工品が登場予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方