メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

冷凍食品/2019年国内生産量0.6%増、業務用0.4%増

2020年04月15日経営

日本冷凍食品協会は4月15日、2019年の冷凍食品の生産・消費調査結果を発表した。

国内生産量は、わずかながら前年を上回り、159万7000トン(対前年比0.6%増)だった。

<国内生産量は加工最高水準>
国内生産量は加工最高水準

過去最高だった2017年の160万トンとほぼ同水準。金額(工場出荷額)は7131億円(0.5%減)と前年をわずかに下回ったが、2017年以降連続して7100億円台となった。

<業務用数量0.4%増>
業務用数量0.4%増

業務用は数量が90万3000トン(0.4%増)で増加に転じ、金額は3970億円(99.8%)で2年連続の減少となっている。

家庭用は数量が69万4000トン(1.0%増)となり、5年連続で増加、金額は3161億円(1.0%減)となり、わずかながら減少となった。

品目別(大分類)生産量では、農産物(冷凍野菜)が北海道の原料生産が回復したことなどから増加。また、大半を占める調理食品は引き続き増加している。

品目別(小分類)生産量では、1位うどん、2位コロッケ、3位炒飯と、1位と2位が逆転した。

小分類の品目では、うどん、ハンバーグなどが大きく増加している。

冷凍野菜輸入量は、5年連続の増加となり、引き続き100万トンを超えた。

国内消費量(「冷凍食品国内生産量」、「冷凍野菜輸入量」、「調理冷凍食品輸入量」の合計)は295万1000トン(2.0%増)、1人当たりの年間消費量は0.5キログラム増加し、23.4キログラムとなり、いずれも過去最高を更新した。

<国内消費量過去最高を更新>
国内消費量過去最高を更新

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月11日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方