小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

西宮阪急/取引先従業員が新型ウイルスに感染

経営/2020年05月11日

阪急阪神百貨店は5月9日、「西宮阪急」(兵庫県西宮市)において、取引先従業員1人が新型コロナウイルスに感染していたことが判明したと発表した。

西宮阪急では、新たな感染拡大防止措置としまして、食料品売場ならびに従業員施設など消毒実施のため、閉店時間を繰り上げ、5月9日全館14時に閉店した。

5月10日から当面の間臨時休業とし、営業の再開は、改めてホームページなどで告知する。

同従業員は、西宮阪急の食料品売場で販売を担当する取引先従業員であり、5月8日にPCR検査を行った結果、5月9日日「陽性」と判明した。

5月7日から出勤はしておらず、それ以前の出勤期間は、マスク着用やアルコール消毒などを徹底していたという。

なお、阪急阪神百貨店は、関係各所と連携を図りながら、店舗内における行動履歴、濃厚接触者の特定を進めている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧