メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤマダHD/住信SBIネット銀行と新たな金融サービス

2020年10月26日経営

ヤマダホールディングスと住信SBIネット銀行は10月26日、住信SBIネット銀行が提供する「NEOBANK(ネオバンク)」サービスを利用した新たな金融サービスの実現に向けて合意したと発表した。

住信SBIネット銀行は、開業以来の取組みで培った最先端のITと金融のノウハウを活用し、パートナー企業への銀行機能の提供をするBaaS(Banking as a service)によって、パートナー企業のお客に対する金融サービスにおける新たな付加価値の創造を目指す「NEOBANK」サービスに取り組んできた。

ヤマダホールディングスは、2020年10月1日付けで持株会社体制へ移行し、ヤマダデンキをはじめとする各事業会社を通じた「暮らしまるごと」の提案などにより、情報家電などの販売と新築住宅やリフォーム、インテリア、家具などの住まいに関する商品販売を行っている。

それぞれが有する経営資源やノウハウの活用により、両社の企業価値向上および社会の利便性向上につながる革新的な個人向け銀行サービスの提供を実現すべく協議の結果、基本合意書を締結した。

今後、情報家電購入者向けのバンキングサービスや新築住宅購入者向けの住宅ローンを中心としたバンキングサービスの提供、バンキングサービス利用時のヤマダポイント付与を実施する。また、新たな融資商品の組成と提供も検討している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方