小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

明治/カマンベールチーズ工場の生産能力を1.5倍に

明治は3月3日、十勝工場敷地内にカマンベールチーズ製造の新棟を建設する、と発表した。

投資額は約90億円。

新棟の延床面積は約9400平方m。年間の生産能力は、約3000トンの見込みで、現在カマンベールチーズの製造工場である十勝帯広工場の約1.5倍の生産能力に増強される。

生産開始時期は、2018年度上期を計画。新棟での生産開始後、十勝帯広工場での生産は中止する予定。

現在の国内チーズ市場は、家飲みでのおつまみ需要や料理への使用シーン拡大、健康志向などを背景に拡大傾向が続いており、14年度の国内消費量は約30万トン(前年度比100.8%)となっている。

中でも、近年ナチュラルチーズの伸長が著しく、同年度のナチュラルチーズ消費量は前年度比102.1%とチーズ全体を上回る数値だった。

明治においても、ナチュラルチーズの「明治北海道十勝カマンベールチーズ」シリーズが好調に推移し、15年度のチーズ事業売上高は、338億円と過去最高を更新する見込み。

■十勝工場
住所:北海道河西郡芽室町東芽室北1線15-2
生産品目:ナチュラルチーズ、クリーム、ホエイ粉

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧