小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

明治/東京都八王子市に新研究所を建設

明治ホールディングスは4月13日、事業子会社である明治の新研究所を東京都八王子市に建設する、と発表した。

<明治の新研究所 イメージ>
明治の新研究所 イメージ

神奈川県小田原市と埼玉県鶴ヶ島市にある研究所を統合する。

投資金額は、約165億円。

2016年6月に新研究所建設工事を着工し、2017年10月新研究所完工、2018年3月研究開発機能の統合完了を予定している。

現在、小田原では乳・乳製品を中心に、鶴ヶ島では菓子を中心に研究開発を行っている。

今回、これらを東京都八王子市に移転・集約し、商品開発研究、基盤研究、生産技術研究、品質科学研究など、明治が保有する全ての研究開発機能を統合する。

新研究所は、「食イノベーション ~明治じゃないとできないことを~」をコンセプトとして掲げる。

明治のイノベーションを担う中核拠点として、研究開発に関する社内外の知見・技術を結集して「知」の融合を図り、顧客との連携・対話を深め、新たな価値を共創していくという。

■新研究所の概要
所在地:東京都八王子市七国1-29-1,2
敷地面積:約4万平方m
建築面積:約8300平方m
延床面積:約3万3000平方m

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧