メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

カルビー/韓国に新工場建設、「ハニーバターチップ」の生産量2倍に

2016年05月10日経営

カルビーは5月10日、ポテトチップス事業拡大に向け、韓国のヘテ・カルビーで、「ハニーバターチップ」を中心に生産する新工場の「文幕第二工場」を原州市文幕に建設し、稼働を開始した、と発表した。

<文幕第二工場>
文幕第二工場

ヘテ・カルビーは、同社50%出資のHaitaiとの韓国現地合弁会社。

新工場の投資額は約240億ウォン(約26億円)。

「ハニーバターチップ」の1日総生産量は従来の24万袋から、2倍の48万袋となる予定。

<ハニーバターチップ>
ハニーバターチップ

昨年7月に着工した新工場の「文幕第二工場」は、既存工場近くの江原道原州市文幕に位置している。

敷地面積が約3万平方m、延床面積は1万平方m、地上3階建。

第一工場の「ハニーバターチップ」の生産ライン、第二工場の生産ラインが稼働すると、「ハニーバターチップ」の1日の生産量は24万袋から48万袋に増える予定。

2014年8月の発売以降、「ハニーバターチップ」は韓国において爆発的な人気となり、品薄で購入できなかったり、店頭で行列が出来たりと社会現象になっている。

ACニールセン調べでは、韓国のポテトチップスの店頭売価ベースの市場規模は「ハニーバターチップ」の登場から、170億円(2014年)~240億円(2015年)へと拡大しており、「甘いポテトチップス」の市場規模はさらに広がっていくと予想している。

カルビーは、韓国国内において「ハニーバターチップ」を中心に「甘いポテトチップス」のポジションを、より強固なものにすべく、増産体制を整え、さらなるブランド力の強化を図る。

ヘテ・カルビーでは今後4年以内に、売上1000億ウォン(約110億円)、韓国ポテトチップス市場シェア40%、売上TOP2を目指している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方