小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アサヒ/中国の農業・乳業事業を中国企業に譲渡

アサヒグループホールディングスは12月26日、中国における農業・乳業事業を手掛ける子会社「山東朝日緑源農業高新技術有限公司」、「山東朝日緑源乳業有限公司」の株式を、中国の「新希望集団有限公司」傘下の「新希望乳業控股有限公司」に譲渡する契約を締結した、と発表した。

「山東朝日緑源農業高新技術有限公司」は、山東省政府から農業分野での支援・協力の要請を受けたことをきっかけに、2006年5月に設立した。酪農と栽培を組み合わせた「循環型農業」を行い、生産から物流・販売まで一貫したフードシステムを構築することにより、安全安心な野菜や原料乳等を中国の消費者に提供してきた。

2008年3月には「山東朝日緑源乳業有限公司」を設立。2008年9月より、自社製造の「唯品」牛乳の販売を開始した。朝日緑源牧場の原料乳のみを使用し、日本の牛乳製造の技術を導入したプレミアム牛乳は、上海、山東、北京等の都市部で高い支持を得ているという。

日本の農業界、乳業界から技術的支援を受けながら10年間をかけて「循環型農業モデル」を実現し、目標であった中国における農業問題の解決と食生活の向上に一定の貢献を果たしたことから、今回の株式譲渡を決定した。

「新希望乳業控股有限公司」は、中国最大の農業・畜産企業グループである「新希望集団有限公司」傘下の大手乳業メーカー。株式譲渡後も「新希望乳業控股有限公司」が「朝日緑源」ブランドの牛乳や野菜を生産、販売する予定であり、アサヒグループが2年間商標の供与と技術支援を行う。今後は、政府の認可を経て、2017年2月頃までに経営の移管を完了する予定。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧