小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリン/ノンアルコールビール「零ICHI」年間販売目標を210万ケースに上方修正

キリンビールは7月11日、4月11日に発売した「一番搾り製法」を採用し、麦のうまみを丁寧に引き出したおいしさを実現したノンアルコール・ビールテイスト飲料「零ICHI(ゼロイチ)」の年間販売目標を140万ケースから約210万ケースに上方修正する、と発表した。

<零ICHI>

「零ICHI」は、ビールに近い味わいや麦の香り、コクなどが高く評価されている。大手チェーン企業での取り扱いが始まるなど、飲食店での取り扱いの店舗数が約8万店に拡大し、年間目標の5割を達成。夕食時やお風呂上がりという従来の飲用シーンに加え、平日の夜、夕食後、一人で飲む時など、より幅広いシーンでも飲まれている。

発売から2か月で年間販売目標の約半分を達成するなど、好調に推移。また、今回、年間販売目標を上方修正するとともに、250ml缶を発売し、小容量缶の主なターゲットである50代から60代を中心に、新たなユーザー層へのアプローチを行うことで、さらなる飲用シーンとノンアルコール・ビールテイスト飲料市場全体の拡大を図る。

また、消費者からの「少しだけ飲みたい」、「気軽に飲みたい」というニーズに応えるため、従来の350ml缶、500ml缶、小びんに加え、8月29日より250ml缶を発売する。さらに、夏の最需要期(7~8月)は当初予定の約2倍増産し供給体制を整える。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧