メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

リコー/セブンイレブンのサラダパッケージにサーマル印字技術を導入

2022年05月10日経営

関連キーワード:

リコーは5月9日、サーマル印字技術「ラベルレスサーマル」が、セブン‐イレブン・ジャパンの商品パッケージに採用されたと発表した。

<セブンイレブンの商品パッケージにサーマル印字技術採用>
セブンイレブンの商品パッケージにサーマル印字技術採用

ラベルレスサーマルとは、リコーが開発したサーマルインクを包装材であるフィルムに部分コーティングし、その部分にサーマルヘッドやレーザー装置で熱を加えることにより直接印字するもの。

セブン‐イレブン店舗で発売したサラダ3種類のパッケージにこの技術が採用され、原材料などの情報が直接印字されている(約1700店、期間限定)。

従来はそれらの情報が印字された紙ラベルをパッケージの裏面に貼り付けていたが、リコーの技術により、その紙ラベルは不要となり、環境負荷低減に貢献。また、必要な情報を裏面から天面に移すことで、原材料、アレルゲンなどの情報の視認性が向上することを見込む。

さらに製造工程においても、紙ラベルの貼り付け作業、インクリボンの交換の手間が不要になり、小売り・流通業界など幅広い分野で生産性の向上をサポートする。

■問い合わせ先
リコー IMS事業部 SDGs事業室
E-mail:zjp_ims_ll_faximo@jp.ricoh.com

■ラベルレスサーマル(メディアへの直接印字)
https://industry.ricoh.com/thermal/labelless

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方