メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

リコー/コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式を559億円で売却

2018年02月21日経営

リコーは2月21日、コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(以下:CCBJH)の自己株式の公開買付けに、同社が保有するCCBJH普通株式の全部を応募する、と発表した。

同社は、2017年度から開始した3カ年計画「第19次中期経営計画」の中で、「RICOH再起動」を掲げ、構造改革と成長事業の重点化、経営システムの強化に取り組んでいる。

具体的には、プリンティング技術の可能性を追求し顧客基盤を拡大することと、顧客基盤にリコーならではの付加価値をのせ、さらにオフィスと現場をつなぐとしている。そのため、今後2000億円のM&A投資を行う計画。

今回の株式売却によって得られた資金は、今後の成長のための投資原資とする。

応募株式数は、1707万5239株。1株あたりの売却価格3275円で、売却予定総額559億2140万7725円。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方