小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

タナックス×リコー/売場の棚で顧客に合わせ「デジタル販促」AI活用

タナックスとリコーは6月22日、複数のシェルフ・サイネージを、IoTセンサ、AIで統合制御し、来客属性に合わせて最適なデジタル販促コンテンツの配信を可能にするシステム「コネクテッドシェルフ」を共同開発したと発表した。

タナックスは今後、実店舗での実証実験を予定しており、2020年末頃の本格展開を目指す。

<売場の棚で顧客に合わせ「デジタル販促」>
売場の棚で顧客に合わせ「デジタル販促」

近年、IoT、AIの最新技術が生活やビジネスに大きな変革をもたらしつつある中、小売店舗においても在庫・発注管理、ダイナミックプライシングなど、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進んでいる。

タナックスは、主要事業の1つであるセールスプロモーション(SP)事業において、売り場演出と効果的な陳列棚づくりの追求のために「Smart-SP」をコンセプトに、店頭ディスプレイ、POP、消費者の購買行動分析、映像プロモーションなど、従来の販促サービスをデジタル技術により拡張する試みを続けている。

「コネクテッドシェルフ」は、距離センサを利用した来客滞留モジュール、カメラとAIの連動による来客属性モジュールなどのセンサモジュールで取得したデータに基づき、商品棚に設置した複数のシェルフ・サイネージを連動させることで、年齢、性別など来客の属性に合わせて最適な販促コンテンツをダイナミックに表示する。

取得した来客の滞留情報、属性情報、購買行動、閲覧・表示コンテンツ種類などのデータはログとして記録され、マーケティングに活用することができるという。

また、同システムは店舗内の陳列棚として一般的な、ゴンドラ什器(システム什器)の棚板などに取り付けて使うことができる。既存の店舗什器を入れ替えることなく利用できるため、導入の手間やコストも抑えられる。

デジタルサイネージ事業を手掛けるリコーが、クラウド型サイネージ配信サービス「RICOH Digital Signage(リコーデジタルサイネージ)」をベースに、カメラとAI を使った画像認識によるインタラクティブな販促コンテンツ切り替え、複数のセットトップボックス(映像受信機器)の同期などを統合的に管理するCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)といったシェルフ型サイネージ向け機能を開発・提供した。

<コネクテッドシェルフ紹介動画>

■問い合わせ先
タナックス
事業開発室 西村
東京支店:東京都品川区大崎1-6-1(TOC大崎ビルディング18階)
TEL:03-3490-2230
E-mail: bizdev@tana-x.co.jp
URL:https://tana-x.co.jp/

リコーデジタルサイネージ総合窓口
E-mail: zjc_rds_info@jp.ricoh.com
リコーデジタルサイネージについて
URL:https://www.ricoh.co.jp/signage/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧