メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブン&アイ・フード/リコー、TBMと連携「LIMEX」資源循環モデル開始

2020年06月04日商品

セブン&アイ・フードシステムズ、リコージャパン、TBMは、石灰石を主原料とする新素材「LIMEX(ライメックス)」を用いたシートで作成したメニューを使用後に回収し、店舗で使用するトレーに再生利用する資源循環アップサイクル)スキームを構築したと発表した。

<LIMEXの資源循環モデルの概要>
LIMEXの資源循環モデルの概要

セブン&アイ・フードシステムズが運営するカフェ業態「麴町珈琲」で使用されたLIMEX製のメニューを回収し、ペレット化した素材などを用いてドリンクバー用のトレーに再製品化し、デニーズ店舗で使用する取り組み。

メニュー表はリコー製カラープロダクションプリンター「RICOHPro7210S」で印刷する。セブン&アイ・フードシステムズは、今後、LIMEX製品の導入店舗を拡大するとともに使用の拡大を進める。

この取り組みを通じて、限りある水資源の有効活用、石油依存の低減、新たな循環型システムの構築などを図り、持続可能な社会の実現につなげる。

近年、EUや中国をはじめとする多くの地域・国々では、経済政策としてサーキュラー・エコノミーを取り入れており、日本においても循環型社会を目指す方針を掲げるなど、今後、資源循環に向けた体制整備が進んでいくことが予測される。

TBMが開発したLIMEX(炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合材料)は、原料に水や木材パルプを使用せず紙や、石油由来原料の使用量を抑えてプラスチックに代わるシートストーンペーパーとは異なるLIMEXシートやペレットLIMEXペレットを製造することが可能。

水や森林、石油などの枯渇資源の使用量を抑えながら、紙やプラスチックの代替となる新素材として注目され、多くの企業で導入が進んでいる。

今回の取り組みは、セブン&アイ・フードシステムズ、TBM、リコージャパンの3社が連携し、これまで検討を進めてきたLIMEXの資源循環スキームを共同で構築することで、サーキュラー・エコノミー(循環経済)の推進に貢献するという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方