流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





吉野家/スマホを活用したボトルキープサービスを開始

2016年07月21日 12:21 / トピックス商品店舗

吉野家は7月20日、スマートフォンによる「デジタルボトルキープ」のサービスを全国540の吉野家店舗で開始した。

<デジタルボトルキープ>
デジタルボトルキープ

デジタルボトルキープは、スマートフォンのアプリ上でビールや焼酎の仮想のマイボトルを購入し、6か月の有効期間内で継続して利用できるサービス。

マイボトルは、通常価格より500円安く購入(生・瓶ビール3500円は3000円、焼酎3000円は2500円)でき、アプリ上でマイボトルの残量が随時確認できる。

対象となる吉野家店舗で、共通して利用できるので、仕事帰りや週末の家族での外食など、利用シーンに合わせて「吉呑み」が利用できる。

20日から配信した吉野家アプリの機能のひとつ。吉野家アプリは、店舗検索、メニュー、弁当予約、吉野家公式通販ショップに加えて、スマートフォンの歩数計と連動し、歩けば歩くほどオトクなクーポンがもらえる新コンテンツ「歩く割」が備わったスマートフォンアプリという。

■デジタルボトルキープ
https://www.yoshinoya.com/service/yoshinomi/?tabIn

画像ギャラリー

関連記事

関連カテゴリー

トピックス 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧