メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

カルビー/カピバラ「ソルト」と「のり」が東京駅隣接の本社に初出社

2016年05月31日トピックス

カルビーに4月1日付で入社した那須どうぶつ王国のカピバラ「ソルト」と「のり」が5月31日、初めてカルビー本社に出社した。

<ソルトとのりが初出社>
ソルトとのりが初出社

2匹は普段、那須どうぶつ王国での「在宅勤務」だが、この日は本社に出社し、松本晃会長、伊藤秀二社長とも初めての対面を果たした。

「ポテトチップス のりしお」が今年10月に発売40周年を迎えるに当たり、2匹は、マーケティング本部コミュニケーション部広告宣伝課にのりしおPR担当として入社。

ソルトがお母さんで、のりは昨年11月に生まれた女の子。

4月12日には、初仕事として、那須どうぶつ王国カピバラの森で、「ポテトチップス のりしお」を来場者に配布するPR活動を実施した。

この日は、松本会長からは、初任給として1日分の野菜を、伊藤社長から1年分の食事の目録、出張手当として、「のりしお」パッケージをイメージした野菜でできたケーキを贈呈された。

<松本会長からは初任給として1日分の野菜>
松本会長からは、初任給として1日分の野菜

<伊藤社長からは1年分の食事の目録>
伊藤社長からは1年分の野菜の目録

<「のりしお」パッケージをイメージしたケーキ>
「のりしお」パッケージをイメージしたケーキ

松本会長は、「カルビーはスナックの会社であり、スナックの持つ楽しいイメージとカピバラの入社という楽しいイメージが結びついた。社員には、これからも楽しいアイディアを出してほしい。ダイバーシティを進める当社としても、男性、高学歴という枠にはまらず、これをきっかけに動物社員を増やして、本社を動物園にしたい」とユーモアたっぷりにコメント。

伊藤社長は、「2匹の入社は大きな反響があり、これから、千葉と茨城の馬鈴薯の収穫などにも参加したり、様々なPR活動を頑張ってほしい」と話した。

<伊藤社長、松本会長と記念撮影>
松本会長、伊藤社長と記念撮影

2匹の代理として、どうぶつ王国のスタッフが、入社の抱負を読み上げた。

また、2匹は本社のメンバーと「ポテトチップス のりしお」戦略会議に出席。

2種類のデザインの販促物から、2匹が選んだボードがスーパーなどで実際に使用されることとなった。

<2匹が選んだ左側のボードを販促物として採用>
2匹が選んだ左側のボードを販促物として採用

2匹の上司の野堀和哉・広告宣伝課長は、「お菓子と動物には、フレンドリーなイメージが共通点としてある。今後、サンプル配布やカピバラの森とのコラボ―レーションなど、2匹の活躍に大いに期待している」としている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月06日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方