メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/2021年「カンボジア」進出

2020年05月08日海外

セブン‐イレブン・ジャパンは5月7日、2021年内を目途にカンボジアにセブン‐イレブンを開店すると発表した。

同社の完全子会社である7-Eleven,Inc.(本社:米国)は、タイのCP All Public Co.Ltd.(以下:CP All)の子会社であるCP ALL (Cambodia) Co., Ltd.(以下:CP All(Cambodia))とマスターフランチャイズ契約を締結した。

新たにカンボジアでのマスターフランチャイジーとなるCP All(Cambodia)は、1988年にタイのセブン‐イレブン運営会社としてチャロン・ポカパン・グループによって設立されたCP Allの子会社。CP Allは、1989年にタイで初のセブン‐イレブンをバンコクに出店して以来、日本に次ぐ約1万2000店舗をタイ国内で展開している。

今回進出するカンボジアにおいても、世界最大のコンビニエンスストアブランドを背景に、店舗展開、中小小売店の近代化、顧客の利便性向上を目指す。

品揃えについては、世界共通の人気商品、飲料、菓子等と共に、地域の嗜好に合わせた即食性のあるフレッシュフードを用意。タイでは銀行や請求書の支払い、配達等のサービスを提供しており、カンボジアでも同様のサービスを提供する予定だ。

7-Eleven, Inc. President and CEOのJoe DePinto氏は、「ここ数年、カンボジア経済は目覚ましい成長を遂げており、2019年には東南アジア諸国連合 ( ASEAN ) で最も急成長すると予測されていました。CP Allはタイにおけるセブン‐イレブン・ブランドの成長に多大な貢献をしてきました」。

そして、「カンボジアの消費者や観光客に当社のブランドの利便性を提供するためにこれ以上良い企業はないと考えております。カンボジア国内に雇用と経済的機会をもたらすことを約束します」とコメントしている。

■CP Allの概要
会社名:CP All Public Co.Ltd.
代表者:Tanin Buranamanit (タニン ブラナマニット)
事業内容:タイのセブン‐イレブン運営会社として約1万2000店舗を展開(2020年3月現在)

■世界におけるセブン‐イレブン展開エリア(世界18の国と地域)
米国・カナダ・メキシコ・日本・タイ・韓国・台湾・中国(香港を含む)・フィリピン・オーストラリア・シンガポール・マレーシア・ベトナム・アラブ首長国連邦(UAE)・ ノルウェー・スウェーデン・デンマーク・インド(2020年開店予定)

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方