小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリンHD/グループ再生目指す中計発表、2018年連結営業利益1600億円目指す

キリンホールディングスは2月15日、構造改革によるグループ再生を目指す「キリングループ2016年-2018年中期経営計画」を策定した、と発表した。

また、同中計の策定に先立ち、2021年に向けた長期経営構想「キリン・グループ・ビジョン2021」(以下、KV2021)を新「KV2021」に進化させ、「2021年のビジョン」と「価値創造に向けた戦略の枠組み」を明確化した。

中期経営計画では、ビール事業の収益基盤強化、低収益事業の再生・再編、医薬・バイオケミカル事業の飛躍的成長を重要課題に掲げた。

ビール事業は、キリンビールでは主力ブランドの継続強化、クラフトビールの育成に取り組む。ライオン社は豪州ビール市場の活性化、クラフトビール、シードルの販売強化、ミャンマー・ブルワリー社は自社生産設備の増強、販売チャネルの拡大などを進める。

低収益事業の再生については、ブラジルキリンのブランド力強化、製造拠点の最適化と資産売却の検討、キリンビバレッジのブランド体系の構築とサプライチェーン全体のコスト削減など構造改革を実施する。

医薬・バイオケミカル事業は、協和発酵キリンのグローバル戦略3品(「ポテリジオ」など)の欧米での発売や、米国での自社販売体制の構築などを行う。

定量目標として、2018年グループ連結営業利益1600億円以上、のれん等償却前ROE15%以上(2018年)、平準化EPS年平均成長率6%以上としている。

新「KV2021」では、「酒類、飲料、医薬・バイオケミカルを中核としたキリングループの事業を通じて社会課題に向き合い、お客様を理解して、新しい価値を創造することで、社会とともに持続的に成長する」ことをビジョンとして掲げている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧