小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

神戸物産/2017年10月期、業務スーパー堅調で営業利益23%増

神戸物産が12月15日に発表した2017年10月期の連結決算は、売上高2515億300万円(前期比5.1%増)、営業利益146億600万円(23.4%増)、経常利益157億7800万円(80.8%増)、純利益83億4600万円(83.0%増)となった。

業務スーパー事業の店舗は、45店舗の出店、12店舗の退店の結果、純増33店舗で総店舗数は780店舗となった。

出店に関し、同連結会計年度より九州地方を直轄エリアとし、積極的な出店を計画すると同時に、営業年数が長くなり老朽化してきた店舗の移転をFCオーナーに勧めている。

また、既存店舗の活性化、顧客ニーズに対応したPB商品の開発、輸入商品の増強など、多角的な販売施策を講じ、リピーター、新規顧客の獲得に努め、売上増を図った。

神戸クック事業、クックイノベンチャー事業、エコ再生エネルギー事業は低調だった。

さらに、北海道茅部郡森町で計画していた大型商業施設と、それに付随する周辺施設において、一部計画の中止や投資回収の可能性が低いとの判断に至ったことから、土地建物について帳簿価額を回収可能額まで減額し、11億1400万円を減損損失として特別損失に計上した。

2018年10月期通期の連結決算は、売上高2650億円(前期比5.4%増)、営業利益150億円(2.7%増)、経常利益148億円(6.2%減)、純利益96億円(15.0%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧