メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

JR西日本/4~12月の流通業は4.7%増の1744億円

2016年01月29日決算

JR西日本が1月29日に発表した2016年3月期第3四半期決算によると、流通業の売上高は1744億円(前年同期比4.7%増)、営業利益51億円(59.9%増)となった。

駅の魅力向上に向けた取り組みとして、2015年12月に、新大阪駅改札内に順次開業準備を進めてきた「エキマルシェ新大阪」がグランドオープンしたほか、松江駅「シャミネ松江」に縁結び通りゾーンが新たに開業した。

近年の訪日観光客需要の増加を受け、2017年開業を目指して宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」を天王寺と梅田に新規出店する。

2015年8月に連結子会社のジェイアール西日本フードサービスネットが、市中展開を目的として、からふね屋珈琲の株式を取得した。

各拠点駅において改装工事を進めていた店舗も計画通り開業し、鉄道の利用増に伴うお客の増加もあり、増収増益となった。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方