小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヤマダ電機/3月期は売上高3.1%減、営業利益581億円

ヤマダ電機の2016年3月期決算は、売上高1兆6127億3500万円(前年同期比3.1%減)、営業利益581億5800万円(192.0%増)、経常利益627億3400万円(76.5%増)、当期利益303億9500万円(225.4%増)となった。

商品別では、テレビが大型化や4Kテレビの需要増加に伴う単価の上昇により好調な推移が続いたが、年明け以降の単価上昇の一巡感や消費増税に伴う影響から通期では伸び悩んだ。

冷蔵庫、洗濯機、レンジ・調理家電、クリーナー、理美容家電などの白物家電が好調に推移した。エアコンは、夏季の猛暑、第3四半期以降の暖冬や年初の大雪、気温低下等、季節ごとに大きな変動があり不安定な販売環境が続いた。

そのほか、パソコン本体、デジカメ、携帯電話等の情報家電全般が伸び悩んだ。

店舗数(海外含む)は、947店(単体直営637店、ベスト電器161店、その他連結子会社149店)となり、FC含むグループ店舗数総計は1万2087店となった。

来期は、売上高1兆6330億円、営業利益714億円、経常利益800億円、当期利益425億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧