メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イトーヨーカ堂/3~5月は売上高1.6%減、営業利益4億700万円

2016年07月07日決算

イトーヨーカ堂の2017年2月期第1四半期決算は、売上高3161億6800万円(前年同期比1.6%減)、営業利益4億700万円(前期は3000万円の営業利益)となった。国内総店舗数は183店。

店舗では、4月25日に自社最大の約13万m2の敷地面積を有するショッピングセンター「セブンパーク アリオ柏」をオープンした。

そのほか、テナントミックスによる売場構成の見直しや、4月10日にはプライス千住店を閉店するなど構造改革を推進した。

商品では、個店・地域特性に合わせた品そろえや、「セブンプレミアム」などの差別化商品の販売を強化した。

通期は、売上高1兆3100億円、営業利益10億円の見通し。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方