メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本空港ビルデング/4~6月の物品販売業は1.5%減の322億円

2016年08月25日決算

日本空港ビルデングの2017年3月期第1四半期決算によると、物品販売業の売上高は322億4500万円(前年同期比1.5%減)、営業利益16億6900万円(38.3%減)となった。

営業利益は空港型市中免税店の営業費用増もあり、減益だった。

国内線売店売上は、国内線航空旅客数の増加等により、前年同期をわずかに上回った。

国際線売店売上は、成田空港と関西空港において前年のいわゆる「爆買い」需要からの反動減が大きく、空港型市中免税店の開業に伴う増収はあるものの、前年同期を下回った。

その他の売上(卸売)は、羽田空港国際線旅客数の増加に伴い、同ターミナルビル店舗への卸売が好調に推移したこと等により、前年同期を上回った。

飲食業の売上高は50億7300万円(9.6%増)、営業利益は3200万円(19.1%減)となった。

飲食店舗売上は、国内線航空旅客数の増加などにより、前年同期をわずかに上回った。

機内食売上は、顧客である外国航空会社の増便や新規取引等により、前年同期を大きく上回った。

その他の売上は、羽田空港国際線旅客ターミナルビルでの業務受託料収入の増加等により、前年同期を上回った。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方