メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スズケン/4~12月は売上高2.5%減、営業利益42.5%減

2017年02月03日決算

スズケンが2月3日に発表した2017年3月期第3四半期決算は、売上高1兆6138億2000万円(前年同期比2.5%増)、営業利益136億7200万円(42.5%減)、経常利益206億9200万円(33.2%減)、当期利益174億4300万円(13.3%減)となった。

中期ビジョン「医療流通プラットフォームの強化」において、米国の大手医薬品卸売企業であるアメリソースバーゲン社とグローバルにおける通信最大手企業であるAT&T社との協業により、スペシャリティ医薬品流通機能の更なる強化を図った。

既に資本業務提携を締結しているEPSホールディングスとの連携も含め、既存事業の機能強化や協業パートナーとの事業連携による新たな付加価値の創出により、更なる企業価値の向上を目指した。

通期は、売上高2兆1050億円、営業利益199億円、経常利益290億円、当期利益223億円の見通し。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方