小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日清食品HD/4~12月、カップめん・即席ライス堅調、営業利益23%増

日清食品ホールディングスが2月6日に発表した2018年3月期第3四半期の連結決算は、売上高3867億4300万円(前年同期比4.6%増)、営業利益268億9700万円(23.8%増)、320億3800万円(26.5%増)、純利益238億4300万円(19.9%増)となった。

日清食品の販売状況は、袋めん市場の低迷による影響はあったものの、カップめん類、即席ライス類が売上を伸ばし増収。

明星食品の販売状況は、袋めん類では、引き続き「チャルメラ」シリーズが前年同期を上回る売上水準を維持した。またカップめん類では、「ぶぶか」シリーズや「チャルメラカップ」シリーズが好調だったことに加え、「一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズが回復基調にあり、即席めん事業全体として前年同期を上回った。

低温事業は、日清食品チルドは、需要停滞、市場環境の激化による焼そば類の売上減少が影響し、全体として前年同期比で減収だったが、日清食品冷凍が堅調で、全体で増収となった。

海外の米州、中国ともに好調だった。

2018年3月期通期の連結決算は、売上高5200億円(前期比4.9%増)、営業利益340億円(18.8%増)、経常利益370億円(12.6%増)、純利益245億円(4.0%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧