メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

キユーピー/2017年12月~2018年2月、中食市場向け総菜が好調で増収

2018年04月03日決算

キユーピーが4月3日発表した2018年11月期第1四半期の連結決算は、売上高1372億1200万円(前年同期比3.9%増)、営業利益57億2500万円(2.7%増)、経常利益60億1700万円(5.9%増)、純利益32億4700万円(20.5%増)となった。

売上面は、中食市場向けのカット野菜や総菜が好調に推移したことなどにより、増収。

利益面では、労務費などのコスト増加の影響を受けたが、付加価値品の伸張や不採算商品の見直しなどが進み増益となった。

純利益は、前年第1四半期に発生した関西再編に関する特別損失の反動などにより、大きく伸びている。

2018年11月期通期の連結決算は、売上高5800億円(前期比3.3%増)、営業利益330億円(5.6%増)、経常利益341億円(4.9%増)、純利益186億円(2.8%増)を予想している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方