流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





キユーピー/同社初の食品直販EC「Qummy」カスタマイズサラダなど販売

2022年09月21日 15:00 / EC

キユーピーは9月28日、野菜料理を楽しむための商品と情報を提供するD2C(Direct to Consumer/消費者直販サイト)の新サービス「Qummy」を立ち上げ、関東地方(1都6県)で販売を開始する。

<新サービス「Qummy」>

「Qummy」は、「あなたとつくる、野菜のある食卓」をコンセプトに、ひと手間未満で用意できる商品と情報を提供するサービス。Q(kewpie)×Yummy(おいしい)×My(私の)を掛け合わせたネーミングに、「キユーピーが私のものになる」ような印象と、食卓を楽しくするおいしさの意味を込めたという。

新型コロナウイルスの影響で社会環境やライフスタイルが変化する中、同サービスを通じて普段の食生活で野菜を食卓に取り入れられない多忙なユーザーとつながりを構築し、健康的な食生活を応援する。

<カスタマイズサラダ一例>

<オリジナル商品のスープ、ドレッシング、惣菜サラダ>

商品ラインアップは、既存のパッケージ品から野菜やドレッシングなどを顧客自らがチョイスして作る「カスタマイズサラダ」のほか、「Qummy」オリジナル商品のスープ、ドレッシング、惣菜サラダ、プラントベースフード「HOBOTAMA」などをそろえた。今後はミールキットなどの商品も展開予定だ。

これらの商品の中でも消費期限が短く、扱いが難しいパッケージサラダなども品質を保ったまま食卓に直送するため、ヤマト運輸が流通スキームを構築。「Qummy」の開始に当たり、ヤマトグループが持つ「輸配送」「保冷機能完備倉庫」「決済」「コールセンター」などの各機能を導入し、必要最小限の投資と短期間で実現した。

今回の事業について、キユーピー上席執行役員カスタマーサクセス担当の山本信一郎氏は、「売り上げ目標は設定していない。今後の商品開発などに活かすため、顧客への理解を深めるのが目的。3年目を目途に10万人を超える会員数を作ることが一つの目標だ。当面は1都6県でスタートし、全体的にどれだけの会員数になるかを見届け、今後のエリア拡大につなげたい」としている。

<Hi! kewpie>

同日にはこのほか、キユーピー商品サイト内にkewpie IDを登録して利用する会員専用の新サービス「Hi! kewpie」もオープンする。

献立作りに役立つ「マイレシピブック」にお気に入りレシピを保存してタグ付けしたり、作った時の様子のメモも可能。それらの情報をもとに顧客の好みを分析し、おすすめレシピを提案する。「Qummy」とも連携し、お気に入りレシピなどの情報を反映できるという。

■関連記事
キユーピー/愛知県豊田市「挙母工場」での生産終了

関連記事

関連カテゴリー

EC 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧