メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日清食品HD/4~6月、カップ麺好調で営業利益44.9%増

2018年08月07日決算

日清食品ホールディングスが8月7日発表した2019年3月期第1四半期の連結決算は、売上高1033億9900万円(前年同期比2.0%増)、営業利益128億3300万円(44.9%増)、純利益82億7100万円(30.2%増)となった。

日清食品、明星食品ではカップ麺、袋麺ともに好調だった。

低温事業では、冷凍中華麺、パスタが堅調に推移した。

日清食品の売上高は、前年同期比0.6%増の431億4200万円、セグメント利益は4.3%増の58億7500万円。

明星食品の売上高は、10.3%増の81億2900万円、セグメント利益19.9%増の7億5200万円。

低温事業の売上高は、2.3%増の136億5400万円、セグメント利益4.1%増の6億6500万円

2019年3月期通期の連結決算は、売上高4550億円(前期比3.2%増)、営業利益360億円(2.3%増)、純利益260億円(10.8%減)を予想している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方