小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

大塚家具/1~9月営業損失48億6300万円、大型店が不調

大塚家具が11月14日発表した2018年12月期第3四半期決算は、売上高273億4400万円(前年同期比12.5%減)、営業損失48億6300万円(前年同期は40億5900万円の赤字)、経常損失49億6900万円(39億8600万円の赤字)、純損失30億5300万円(58億4700万円の赤字)となった。

店頭販売は、特に新築まとめ買い需要依存度の高い大型店において入店件数が、前年同期比2桁のマイナスとなった。

また、店舗規模適正化における売場面積の縮小などで、減床後の新旧商品の入れ替えなど商品展開の対応が不十分であったことが成約率の低下につながり、成約件数とそれに伴う売上高が減少した。

2018年12月期通期の決算は、売上高376億3400万円(前期比8.4%増)、営業損失51億円、経常損失52億円、純損失34億2600万円を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧