メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

伊藤ハム米久HD/2017年3月期第2四半期の連結業績予想修正

2016年07月27日決算

伊藤ハム米久ホールディングスは7月27日、2017年3月期第2四半期の連結業績予想の修正を発表した。

売上高は為替相場の影響などにより海外子会社の売上高が減少することから、前回予想を下回る見込み。

営業利益と経常利益は、加工食品事業が堅調に推移し採算性が向上することから前回予想を上回ると予想している。

また、純利益は、営業利益、経常利益の増加に加えて、第1四半期において投資有価証券売却益を特別利益に計上したことにより、前回予想を大幅に上回る見込み。

売上高が前回予想比175億円減の4000億円、営業利益は10億円増の82億円、経常利益が10億円増の90億円、純利益は23億円増の70億円を予想している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方