流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ベルーナ/4~12月は通販事業好調で増収増益

2021年02月01日 10:00 / 決算

ベルーナが1月29日に発表した2021年3月期第3四半期決算によると、売上高1541億4500万円(前年同期比12.0%増)、営業利益116億700万円(59.6%増)、経常利益124億8700万円(69.0%増)、親会社に帰属する当期利益86億2000万円(87.6%増)となった。

総合通販事業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、雑貨類やホームウェアを中心に通販需要が高まったことに加え、積極的な広告宣伝を行った結果、売上高は695億5400万円(19.7%増)となり、営業利益は48億9000万円(169.2%増)となった。

専門通販事業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、看護師向け通販事業、グルメ・ワイン事業を中心に好調に推移し、売上高は479億8500万円(28.4%増)となり、営業利益は53億5300万円(91.8%増)だった。

店舗販売事業は、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたディベロッパーの方針による営業時間短縮や臨時休業の影響により、売上高は171億2000万円(25.4%減)となり、営業損失は17億9100万円(前年同期は500万円の営業損失)となった。

通期は、売上高2000億円(11.1%増)、営業利益140億円(35.8%増)、経常利益148億円(42.8%増)、親会社に帰属する当期利益105億円(79.1%増)を見込んでいる。

関連記事

関連カテゴリー

決算 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧