メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

壱番屋/産廃業者に廃棄処理を委託した製品、ビーフカツ含め6品目を公開

2016年01月15日商品経営

壱番屋は1月15日、産業廃棄物処理業者による自社製品不正転売に関する続報を発表した。

当初発覚したビーフカツ以外の商品の不正転売が明らかになったことに対応した。

<処理を委託した商品>
処理を委託した商品

産業廃棄物処理業者であるダイコーに廃棄処理を委託した製品は、ビーフカツのほか、チキンカツ、ロースカツ、メンチカツ、ナポリタンスープ、ラーメンスープがあり、製品画像を公開した。

自社で、これらの製品を壱番屋チェーン店舗以外に供給することはなく、お客へは店舗で調理したもの以外が提供されることはない。

該当商品がある場合、ダイコーによる不正転売品の可能性があり、温度管理などの保存方法に問題が考えられるので、喫食は絶対にしないようにとコメントしている。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方