小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

グリコ、麺屋武蔵/アーモンドミルク使った「つけ麺」でコラボ

江崎グリコと麺屋武蔵とのコラボメニュー「冷やしアーモンドミルクつけ麺」(税込1000円)は6月19日、渋谷にある「麺屋武蔵 武骨外伝」にて期間限定で発売される。

<冷やしアーモンドミルクつけ麺>
冷やしアーモンドミルクつけ麺

ビタミンEと食物繊維が摂れるアーモンドは栄養の宝庫と言われており、健康・美容意識の高い女性を中心に、スーパーフードとして話題を集めている。

グリコでは、アーモンドミルク「アーモンド効果」を、牛乳・豆乳に続く、「これからのミルク」として、飲料だけでなく料理に使うレシピを考案。

<牛乳・豆乳に続く「アーモンド効果」>
牛乳・豆乳に続く「アーモンド効果」

「アーモンド効果」を人気ラーメン店「麺屋武蔵」とのコラボメニューに使うことで、より幅広い層に、「アーモンド効果」のおいしさと健康効果をPRする。

同メニューは、「アーモンド効果<砂糖不使用>」を使用した怪味ソースがポイント。怪味ソースには、隠し味に「アーモンド効果<薫るカカオ>」も使った。

怪味とは、中国・四川省生まれの調味料で、五味すなわち甘味、酸味、塩味、苦味、旨味に加え、辛味としびれが特長の調味料。

この怪味ソースとアーモンドミルクを使用したスープを組み合わせることで、刺激的な味わいに深みをプラスした。

つけだれには、酸味のあるベースの鶏だしに「アーモンド効果<砂糖不使用>」、玉ねぎ、メンマ、バジル、岩のり、ラー油を使っている。

また、コシのあるもちもちとした食感の麺に、白ネギ、きゅうり、みそだれ、蒸し鶏をトッピングした。

麺の下にはアーモンドオイルで作ったアーモンドラー油とクランチアーモンド、パクチーを添え、辛さ、複雑なハーブの香り、アーモンドの食べごたえを組み合わせた。

7月18日まで、「麺屋武蔵 武骨外伝」で1日20食限定。

「アーモンド効果」は、200ml当たりアーモンド5gを使用している。1日分のビタミンEと食物繊維・カルシウム入りで、コレステロールゼロの植物性ミルク。

皮むきしたアーモンドを焙煎して丁寧にすりつぶし、香ばしく、なめらかでスッキリした口当たりに仕上げている。

<木村部長、矢都木社長>
木村部長、矢都木社長

6月18日に行われたマスコミ向け新製品説明会で、グリコの健康事業・新規事業マーケティング部の木村幸生部長は、「アーモンドミルクを飲むだけでなく、料理にも使えるということをコラボメニュー、HPのレシピ公開、新聞の折り込みチラシなどで周知する」と話した。

麺屋武蔵の矢都木ニ郎社長は、「ラーメンは健康的でないイメージがあるが、アーモンド効果を約200ml使ったコラボメニューで、ラーメンを敬遠する若い女性、30~40代サラリーマンにも食べてほしい。おいしく健康にラーメンを楽しんでほしい」としている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧