小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

西友/店内に「レタス工場」新設、野菜売場で販売

西友は2月13日、埼玉県ふじみ野市の「西友上福岡店」に「店内植物工場」を開設し、水耕栽培レタスを2月26日から販売すると発表した。

植物工場に関する研究開発・コンサルティング業務を手掛けるプランツラボラトリーと共同で店内植物工場を開設するもの。

<植物工場のイメージ>
植物工場のイメージ

「店内植物工場」は、西友上福岡店3階の約148.76m2の区画に、プランツラボラトリーの水耕栽培装置を設置し運用する。店内植物工場内の専任スタッフが毎日収穫し、包装したレタスは、すぐに地下1階の西友の野菜売場で1株137円で販売する。併せて近隣の西友店舗でも販売する予定だ。

今回の取り組みで、店舗内の植物工場から収穫したばかりで鮮度の高い商品が売場に並び、野菜売場に直接持ち込むため、ゼロマイレージと店産店消を実現する。

店内植物工場産のグリーンリーフは、柔らかく、優しい味わいで、洗わず、そのまま食べれる。天候に影響されず、1年を通じて一定の品質での安定供給が可能で、水耕栽培による無農薬栽培のため、安心・安全でもある。

<商品パッケージのロゴ>
商品パッケージのロゴ

一般的に、植物工場を導入するには、初期導入コストが高く、それに伴い販売価格も高価になりがちとされている。プランツラボラトリーが東京大学との共同研究により開発した植物工場システム「PUTFARM」は、敷地の広さや屋内・屋外を問わずさまざまな場所に設置できることに加え、従来の植物工場と比べ導入コストは2分の1~3分の1と大幅な削減を実現しており、すでに多くの稼働・栽培実績を上げている。

また、工場内の空間環境の最適化や、データに基づく栽培ノウハウの下、ニーズに沿ったさまざまな品種を、安心・安全かつ安定的に供給することを実現している。

西友では、店内植物工場が店舗売場スペースの新たな有効活用策の担い手と考えている。これまで、継続的に物販、飲食、サービス業など、さまざまなテナント業態を西友店舗内へ誘致してきたが、店内植物工場を新たなスペースの有効活用策の一つと考えている。当面は、西友上福岡店で運用しつつ、他店舗で導入するためのノウハウを蓄積する。

昨今、安心・安全、産地からの距離が近いなどの点から、地場野菜/契約野菜など生産者の顔が見える野菜、鮮度の高い野菜へのニーズは高まっている。西友でも、それらの商品の取り組みを強化した結果、売上は年々増加しており、今年度中に地場野菜/契約野菜の青果における構成比を約10%まで高めることを目指している。

■プランツラボラトリー
https://www.plantslaboratory.com/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧