メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/サラダ全品容器を「環境素材」プラ年間900トン削減

2020年06月01日商品

ファミリーマートは6月1日、ファミリーマートで販売するサラダ全品の容器(約30種類)を4月までにバイオマスプラスチックなどを使用した環境配慮型容器に切り替えを完了したと発表した。

ファミリーマートでは、今年2月に、持続可能な社会の実現に貢献するため、2030年及び2050年に向けた中長期目標を定めた「ファミマecoビジョン2050」を策定。「温室効果ガス(CO2排出量)の削減」、「プラスチック対策」、「食品ロスの削減」の3つのテーマに基づき、全社一丸となって目標達成に向けた取り組みを推進している。

2007年から一部の野菜サラダにおいて、バイオマスプラスチックを使用した容器を使用。2020年4月までに、サラダ容器の環境配慮型への切り替えを完了しているが、この取り組みにおける石油系プラスチック削減量は、年間約900トンを見込む。

また、気温の上昇とともに、サラダの需要が伸長することに合わせ、植物工場で栽培したグリーンリーフなど野菜を一部使用したサラダ「フレッシュ野菜サラダ」(税込163円)など4種類を6月2日より関東・中部・関西地方のファミリーマート約1万1400店にて発売する。

<フレッシュ野菜サラダ>
フレッシュ野菜サラダ

「フレッシュ野菜サラダ」のほか、「シーチキン&コーンサラダ」(210円)、「ハムと北海道産ポテトのサラダ」(235円)、「蒸し鶏のサラダ」(198円)がそろう。

植物工場では、天候や災害による影響を受けにくいことから、価格の変動を受けない野菜の安定的な供給が可能となる。

野菜の洗浄などの手間も少なく済み、工場での省力化に繋がることから、従来の路地栽培の野菜と組み合わせながら、植物工場で栽培された野菜の使用量を今後も拡大していく。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方