流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ローソン/野口聡一宇宙飛行士が「スペースからあげクン」初実食へ

2020年09月14日 12:00 / 商品

ローソンは9月14日、国際宇宙ステーションの野口聡一宇宙飛行士が、宇宙日本食「スペースからあげクン」を初実食すると発表した。

今回、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する野口聡一宇宙飛行士に提供されることがJAXAから公表されたもの。

<スペースからあげクン>
スペースからあげクン

野口飛行士は、2020年10月下旬にも打ち上げられると言われている米民間企業スペースX社開発のクルードラゴン宇宙船に、日本人として初めて搭乗する予定だ。

コンビニエンスストアのオリジナル商品の「宇宙日本食」を実際に宇宙空間で食べるのは初めての機会だという。

「スペースからあげクン」は、ローソンの看板商品「からあげクン」の味を再現しフリーズドライ化したもの。宇宙飛行士からの「宇宙でもお肉が食べたい」という声を受け、2017年2月より開発に取り組んできた。2019年10月にJAXAが宇宙日本食認証基準の特例に定める野口宇宙飛行士向けの「Pre(プレ)宇宙日本食」として認証された。

「宇宙日本食」は、食品メーカーが提案した食品をJAXAが制定している宇宙日本食認証基準と照らし、宇宙食としての基準を満足している場合に宇宙日本食として認証するもの。

国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在を予定している日本の宇宙飛行士に、日本の味を楽しんでもらい、長期滞在の際の精神的なストレスを和らげ、ひいては仕事の効率の維持・向上につながることを目的としている。

ローソンは、2017年2月に社内に宇宙プロジェクトを発足し、JAXAと連携したイベントの開催や宇宙にちなんだ商品を発売している。今後も、お客に宇宙に興味を持ってもらえるような取り組みを進める。

<スペースからあげクンの歩み>
スペースからあげクンの歩み

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧