メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/下期商品は少量多品種・プチ贅沢対応で「食品スーパー化」

2020年10月22日商品

セブン-イレブン・ジャパンは10月22日、2020年下期商品政策説明会を開催した。

2020年上期は新型コロナウイルス感染症の影響で、通勤、移動時に個人が限られた予算で買物をしていた今までから、在宅勤務などの広がりにより、自宅で少量多品種の食を楽しみ、家飲みに対応できる商品が求められる傾向に変化してきた。

セブンイレブンでも、上期は家での調理に適した冷凍ブロッコリー、乾麺のパスタなど素材系・冷凍食品、家でプチ贅沢できる高価格帯のワイン、チーズなどが好調だった。また、1人分ではなく、家族向けなど複数人用、複数日数にも対応できるよう、購入点数がアップ。主力のおにぎり、ソフトドリンクなどの不調、客数減を客単価増、購入点数増で補ったという。

取締役執行役員の高橋広隆商品本部長は、「コロナ禍で顧客の消費行動が変化した。セブンプレミアムゴールドなど高品質な商品、家飲み対応、調理のサポートになるレトルト、素材、冷凍食品などのニーズが伸びている」。

「豆腐、納豆、卵など今までスーパーで購入していたようなものが、セブンイレブンでも買えることに気づいた消費者に、食品スーパー化が求められている。スーパーで買っていたものをセブンイレブンでも買えるという、あてにされる店づくりに向けて多様な品ぞろえと、エリアごとに価格に幅のある商品構成で対応したい。ここに当社の成長の余地がある」と説明した。

下期に強化する商品として、家族との食事の充実、酒と一緒に楽しめるなど「おうち時間の充実」をキーワードに設定。豊かな食卓を実現するため、ビュッフェのように商品を選べるよう、少量多品種のおかず・つまみ、食事や酒にあうパン、総菜と酒をまとめて購入しやすい新レイアウトの拡大に取り組む。

パスタでは、1食完結型から酒のつまみにしたい、デザートも食べたいので主食を食べ過ぎたくないといったニーズに合わせ、小容量の「小さなパスタ」を考案。家では作れない本格的な味を楽しみたい人のために、専用容器で麺とスープを別にした「スープパスタ」なども用意した。

食事パンについては、従来の売れ筋、菓子パン、総菜パンだけでなく、食事や酒に合うパンを開発。複数個入りで、単体でもおいしく、食事や酒に合わせやすい「ボンデケージョ」、「ごま&チーズ」などを販売する。

今後の各店の商品構成に関し高橋氏は、「コロナ禍で、高所得者が多く住むエリアでは、1500円以上の単価の高いワインなど売れることもわかってきた。今まで2万店に通じる品ぞろえを開発することに注力してきたが、今後は色々な価格の幅のある商品を用意し、個店個店でカウンセリングしながら導入してもらう商品価格の『幅の提案』も重要になってくる」と話した。

さらに、2020年度版新レイアウトを年度内に8000店に拡大。チルドケースにおいて、総菜、サラダ、サンドイッチの横にワイン、リキュールなど酒類を併設し、合わせ買いしやすくしたレイアウトとなっている。

先行導入した43店の平均日販が、同地区平均の前年実績と比べて2万7400円増加。9月7日から導入した173店でも、同地区平均と比べて平均日販が1万5600円増加した。実験店では、酒類との併買で、チーズの販売が大きく伸長しているという。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方