小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カゴメ/減塩、コレステロール対策を打ち出した新商品を展開

カゴメは1月26日、新商品説明会を開催した。

2016年春夏に発売される食品・飲料の新商品を紹介。コレステロール対策と減塩など「トマトの価値」に関する最新情報も説明した。

マーケティング本部の伊藤一章・広告宣伝部長は、「低迷の続いた野菜関連市場は昨年10月から、回復基調にある。当社の野菜飲料類の売り上げも、上向きになってきた。10年後のカゴメ像として、『食を通じて社会問題の解決に取り組む』ことを掲げている。健康への貢献に加え、おいしく、新鮮な商品を提供することで、『野菜のことならなんでもKAGOME』と言われる存在を目指す」とあいさつ。

<マーケティング本部の伊藤一章・広告宣伝部長>
マーケティング本部の伊藤一章・広告宣伝部長

新シーズンの商品は、減塩、子ども・家族とのつながりの強化、メニューを起点とした提案の強化をテーマとしている。

減塩対策として、高リコピントマトを使用したトマトケチャップは、塩分を30%カット。酸味、甘味、香辛料を調整し、レギュラーケチャップに近い味わいを実現したという。

<高リコピントマトを使用したトマトケチャップ>
高リコピントマトを使用したトマトケチャップ

また、メニューを起点とした提案として、魚介、野菜とトマトソースの蒸し煮「トマトパッツァ」を実演をまじえながら、紹介。

料理研究家の浜内千波先生による「トマトケチャップ・トマトソースを活用した減塩レシピ」の一つで、家族で手軽に作れるメニューとして、社内外に展開している。

<料理研究家の浜内千波先生によるトマトパッツァの実演>
料理研究家の浜内千波先生によるトマトパッツァの実演

<トマトパッツァ>
トマトパッツァ

トマトを使用することで、酸味と旨味が料理の味わいを深め、食塩の使用を減らすという。

家族で楽しみながら調理できるメニューで、今後、スーパーなど年間3000店で試食販売を実施していく。

さらに、2月2日、トマトジュースを機能性表示食品として、リニューアル発売する。

機能性表示食品として「血中コレステロールが気になる方に」をパッケージに表示する。

特に、265gの商品は、高リコピントマトを使用。200mlの商品は、現行品が有塩に対し、食塩無添加で発売し、消費者の健康志向に対応する。

トマトに含まれるリコピンには、血中の善玉コレステロールを増や働きがあることを同社は確認しており、今シーズンは、売り場で「血中コレステロールが気になる方に」にメッセージを統一し、演出していく。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧