小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

資生堂/新リキッドファンデーション「クレ・ド・ポー ボーテ タンクレームエクラ」

資生堂は8月21日、「クレ・ド・ポー ボーテ」から、2016年秋冬プロモーション「虜にするひと。」の第二弾として、サテンのようななめらかな艶のある仕上がりを実現するトリートメントクリームファンデーション「タンクレームエクラ」を中心とした新ベースメーキャップを発売する。

<タンクレームエクラ>
タンクレームエクラ

クレ・ド・ポー ボーテでは、ベースメーキャップの考え方として、「Stage the Skin ~肌を舞台に上げるように、肌を主役にする~」をコンセプトに掲げ、肌を主役にして、ベースメーキャップを纏ったときの肌の輝きが、その人のライフスタイル(人生観・価値観)までも輝かせていくような肌づくりを目指している。

そこで着目したのが、「光の層を纏う」という独自の対応。ファンデーションで、肌表面と内側から輝かせるように光の層を纏い、その光の層の仕上がりを一層引き立てるアイテムとして、化粧下地、専用のブラシを配置することで、華やかで生彩を放つ化粧肌へとアプローチするという。

「タンクレームエクラ」(全8色)は、光の層を纏い、サテンのような艶のある肌に仕上げるリキッドファンデーション。SPF25・PA++。

内容量は25g、価格が1万2000円(税抜)。

新ベースメーキャップは全4品目11品種、価格が1200~1万2000円(税抜)。

「クレ・ド・ポー ボーテ」のメーキャップクリエイティブディレクターのルチア・ピエロニは、2016年秋冬メーキャップテーマの源泉として、ヨーロッパの狂騒の1920年代を駆け抜けた知性と官能の女流画家「タマラ・ド・レンピッカ」を取り上げている。

<「娘たち」(1930年頃) タマラ・ド・レンピッカ作>
「娘たち」(1930年頃) タマラ・ド・レンピッカ作

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧