流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





キリン/「ファイア」ブランドをフルリニューアル

2016年10月03日 14:31 / 商品

キリンビバレッジは10月4日、「缶コーヒーの常識を変える」味覚を目指し、火にこだわって開発し続けた17年の集大成として、「焦がし焼き豆」をブレンドして、「ファイア」ブランドをフルリニューアルする。

<「ファイア」ブランドをフルリニューアル>
「ファイア」ブランドをフルリニューアル

味覚特長である「突き抜けた香ばしさ」を最も体現し、フラッグシップに位置付けた「ファイア エクストリームブレンド」をはじめとして、ブランドを10年間けん引してきた「ファイア 挽きたて微糖」、「ファイア ブラック」、「ファイア カフェラテ」、「ファイア ディープブレンド」、「ファイア 香ばしブラック」のラインアップで発売する。

同社の調査では、缶コーヒー飲用者の6割以上はコンビニエンスストアのカウンターコーヒーなどレギュラーコーヒーを併飲しており、缶コーヒーに対して「香りが足りない」、「甘すぎる」、「味が薄い」などの不満の声が多かった。

今回、この缶コーヒーへの不満を解決するために着目したのは、しっかりとしたコーヒー感に繋がる香りとコク。

その実現に向け、様々なアプローチを経て辿り着いたのは、ファイアが1999年の発売以来こだわってきた「焼き」を極めることだった。

従来の常識を超える「焼き」の限界に挑戦し、「深煎り」よりもさらに深く、焼け落ちる寸前まで焙煎する「焦がし焼き」により実現した「焦がし焼き豆」をブレンドすることで、力強い香りとコクを極限まで引き出すことに成功したという。

内容量は155~275g、希望小売価格(税抜)が111~124円。

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧